専用リンクを「貼るだけ」の機能『ダイナミックLP』。そのリンクを貼ったサイト・ページのコンテスト『ダイナミックLP』貼るだけ!コンテストを開催しています(応募期間:2017年7月5日~8月17日)。

「広告掲載方法やコンテンツに独自性や個性があるか」「来訪ユーザーに有益な情報を提供しているか」などが、評価基準となっています。すでに応募があったものの中から、コンテンツの独自性が高く、サイトテーマとコンテンツをうまくマッチさせている事例を2つご紹介します。

ハワイに特化した「クレジットカード」を徹底解説

【ページ】ハワイを愛するクレジットカード+海外旅行に最適なクレジットカード13選(外部リンク)

【サイト】ハワイに安く行く方法を大公開

 

こちらのサイトは、今まで20回以上ハワイへ渡航されている「ハワイが大好き」なサラリーマンの方が運営されています。10年以上、「どうしたらハワイへ安く行くことができるのか」を調査・実践し、航空券・ホテルの予約やハワイ旅行にかかる費用などをサイトで紹介されています。

「お得なクレジットカード」の項目では、クレジットカードについて「旅行傷害保険自動付帯などの特典を考えると、2種類ほど持っていても損はないマストアイテム」とし、「この機会に1枚作ろうかな、なんて方は、せっかくなのでマイルを無駄にしないカードがおすすめ」と締めくくっています。そして「海外旅行で後悔しない!おすすめクレジットカード比較」というテキストでダイナミックLPへの遷移をうながしています。

このページでは、「ハワイラブカード<ゴールド>」と「海外旅行に最適なクレジットカード13選」について紹介されています。ページ構成は下記の通りです。

ハワイラブカード<ゴールド>
Lハワイラブカード<ゴールド>とは?
Lハワイラブカード<ゴールド>の特徴
Lハワイカード<ゴールド>の申し込み資格
Lハワイラブカード<ゴールド>の付帯保険
Lハワイラブカード<ゴールド>の空港ラウンジサービス
Lハワイラブカード<ゴールド>のその他のサービス
海外旅行に最適なクレジットカード13選

「ハワイラブカード」はハワイに特化したクレジットカードで、ハワイに関連する多数の加盟店で割引やプレゼントなどのサービスが受けられるのが特徴です。「ハワイラブカード」について説明したあと、「ハワイ以外の海外に行くので、海外旅行全般的におすすめのカードがないですか? という方もいらっしゃると思うので、今回は13種類のおすすめのカードを紹介します」と記載し、ハワイ以外の海外にも行かれるユーザーをフォローしています。そして「おすすめクレジットカード13選!海外旅行に最適なカードを厳選」というテキストで、ダイナミックLPへの遷移をうながしています。

 

 退職前に用意すべき「クレジットカード」を紹介

【ページ】クレジットカードは持っていないなら退職する前に作っておこう(外部リンク)

【サイト】失敗しない転職バイブル

 

こちらは、運営者ご本人の4回の転職経験から導き出した転職方法などを紹介されているサイトです。このページでは、「転職を考えているけど、まだクレジットカードを持っていない」人に向けて、クレジットカードを作った方がいい理由を説明されています。

  • 転職の際、給料の締日によっては1ヵ月間給料がないことも。
    ⇒現金を使わず、クレジットカードを使えば支払時期をずらせる。
  • 退職してから転職活動すると給与がない。
  • 失業手当が出たとしても、自己都合の退職だと支払いのスタートが遅くなる。
    ⇒クレジットカードを作るには勤続年数が重要。転職したばかりだと審査上、不利に。
    ⇒転職する前の在職期間中にクレジットカードを作っておくのが得策!

 

上記を踏まえたうえで、「用意するカードは年会費無料で十分」とし、自身が便利だと思われるクレジットカードを掲載されています。

ダイナミックLPのリンクは、ページ冒頭「退職する前にクレジットカードを作っておく(外部リンク)」という項目内にあります。「1枚もクレジットカードを持っていないのであれば在職中にクレジットカードを作っておくことをおすすめします。というよりクレジットカードは絶対に作っておいた方がいいです!」というテキストのあとに、「※還元率クレジットカード8選はこちらからポイントザクザク溜まります。」とダイナミックLPへの遷移をうながしています。

まとめ

アフィリエイトサイトのサイトテーマを絞っている場合、テーマからそれたことを記事にすると、来訪ユーザーが混乱するのでは? と思われるかもしれません。ですが、今回ご紹介したように、海外旅行に関するサイトや転職系のサイトでも、他カテゴリーの「クレジットカード」について、ユーザーの興味を引きながら上手に紹介することは可能です。

「ご自身の経験」や「商品・サービス情報」をバランスよく記載し、来訪ユーザーがその「商品・サービス情報」を使っている状況をイメージしやすくするのが成果につながりやすくするポイントです。ご紹介した2つの掲載事例の「ここがポイント!」を参考に、コンテンツ作成に役立てていただければと思います。