日本アフィリエイト・サービス協会
バリューコマース株式会社

このたび、日本アフィリエイト・サービス協会(以下、「協会」と言う)及び協会に加盟するアフィリエイト・サービス提供者(以下、「加盟社」と言う)は、広告主に不利益をもたらし、アフィリエイト・マーケティングの信頼を損なう悪質な行為を行なったアフィリエイト・パートナーの情報について、2007年10月1日以降、対象者を特定するための情報を協会及び加盟社が共同利用することにより、不正行為の再発防止に努めます。

日本アフィリエイト・サービス協会(以下、「協会」と言う)及び協会に加盟するアフィリエイト・サービス提供者(以下、「加盟社」と言う)は、広告主に不利益をもたらし、アフィリエイト・マーケティングの信頼を損なう悪質な行為を行なったアフィリエイト・パートナーが強制的に退会となった後、別の事業者を渡り歩いてその行為を繰り返すことを未然に防ぐことを目的として、2007年10月1日以降、対象者を特定するための情報を協会及び加盟社が共同利用し、アフィリエイト・パートナーの継続審査、新規登録審査の際に参照します。

1. 共同利用の目的
加盟社がアフィリエイト・パートナーの継続審査、新規登録審査の際に悪質な行為を行なったアフィリエイト・パートナーの情報を参照することにより、対象者が加盟社を渡り歩いてその行為を繰り返すことを防ぐために共同利用をするものです。

2. 共同利用の範囲
協会及び加盟社とします。

3. 対象となるアフィリエイト・パートナー
次に挙げる行為(以下、「不正行為」と言う)を繰り返し行ない、「電磁的記録不正作出及び供用罪」若しくは「詐欺罪」に該当し、または該当するおそれのある行為(いずれも未遂を含む。)に相当するものです。

  • 広告のクリックを不適切に誘発すること
  • クリック報酬が設定された広告に対し、連続かつ大量のクリックを行うこと
  • 自身の広告リンクを通じて架空の申し込みをすること
  • 自身の広告リンクを通じて第三者の代理申し込みをすること

4. 共同利用する情報の内容
不正行為を行なったアフィリエイト・パートナーの次の情報を共有します。

  • アフィリエイト・パートナーの氏名(法人の場合会社名)
  • 登録サイトのURL
  • 電子メールアドレス
  • 不正行為の具体的な内容
  • 対象となった広告主の所属する業種
  • 登録銀行口座番号7桁
  • 登録する加盟社の名

5. 共同利用する情報の管理・保護
協会及び加盟社は、個人情報保護のため、対象となるアフィリエイト・パートナーの個人情報について次の措置を講じます。

  • 協会は個人情報の管理にあたっての責任者として加盟社を管理、監督します。
  • 共有対象となる不正行為は「電磁的記録不正作出及び供用罪」若しくは「詐欺罪」に該当し、または該当するおそれのある行為(いずれも未遂を含む。)に限定します。
  • 共有する情報は不正行為の防止に利用することに限定し、その他の目的に利用しません。
  • 加盟社内での情報の共有にあたっては、不正行為の情報共有にかかる窓口となる部門および対象となった広告主の営業担当者秘とし、対象外の部門に対して複製を禁じます。
  • 情報の漏洩、滅失、改ざん等を防ぐため、十分な対策を講じます。

6. 共同利用の実施

  • 加盟社は随時、情報共有サーバに情報の登録を行ないます。
  • 協会は定期的に担当者による委員会を開催し、犯罪的な悪質な不正行為を行なったアフィリエイト・パートナーの情報について情報交換を行ないます。
  • 共有する情報について苦情申し立てがあった場合は本人確認の上で情報を登録した加盟社を通知し、登録した加盟社が責任を持って開示します。そのうえで共有する情報が事実と相違していることが判明した場合には、その情報の訂正または取り消しを行ないます。

7. 制度の開始日
2007年10月1日から実施します。

8. 不正行為を行なったアフィリエイト・パートナーの共同利用に係る窓口
日本アフィリエイト・サービス協会 事務局(外部リンク)
バリューコマース株式会社 個人情報保護管理者