広告掲載時の注意点・関連する法律

商品やサービスをサイトで紹介する場合には、さまざまな法律がかかわってきます。広告掲載時の注意点・関連する法律を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

全カテゴリー

誇大・虚偽の表現を使うと「景品表示法(景表法)」違反にあたる可能性があります。

関連する法律:景品表示法(景表法)

商品選択の判断を惑わす、行き過ぎた景品の提供や、誇大・虚偽の表示や広告を禁止する法律です。不当表示については、商品・サービスを実際よりも優良にみせかける「優良誤認表示」、販売価格などの取引条件を実際よりも安く感じさせるなど、有利にみせかける「有利誤認表示」などを禁じています。

景表法は消費者がより良い商品やサービスを自主的・合理的に選べる環境を守っています。

参考:行政や各種法律のリンク集│景品表示法

化粧品・美容関連

以下3つを満たすものは、方法や手段に関わらず「広告」に該当する場合があります。紹介方法によっては、「医薬品医療機器法」の適用対象となる可能性があります。

  1. 顧客を誘引する(顧客の購入意欲を高める)意図が明確であること
  2. 特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
  3. 一般人が認知できる状態であること

関連する法律 : 医薬品医療機器法(旧薬事法)

医薬品や医療機器・化粧品に関する法律で、表示・広告に関する内容についても定める法律で、医薬品や化粧品を取扱う際に基本となる法律です。

参考:行政や各種法律のリンク集│医薬品医療機器法(旧:薬事法)

健康食品

事実と異なることを書いたり、誤認をまねく表現を使ったりすると、「景品表示法(景表法)」違反および「健康増進法」上問題となる場合があり、注意が必要です。

関連する法律 : 健康増進法

国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の健康の増進を図るための措置を講じ、国民保健の向上を図ることを目的とした法律です。

第三十一条では、「何人も、食品として販売に供する物に関して広告その他の表示をするときは、健康の保持増進の効果その他内閣府令で定める事項(次条第三項において「健康保持増進効果等」という)について、著しく事実に相違する表示をし、または著しく人を誤認させるような表示をしてはならない」と記載されています。

参考:行政や各種法律のリンク集│健康食品・機能性表示食品について

金融商品(FX・株・先物・為替)

FX・先物取引などの広告表現は、「金融商品取引法」により規制が定められているので、注意が必要です。また、過去の商品やサービス内容、旧会社情報など、古い情報をサイトに書かない、古い内容のバナーを残さないなど、常に最新情報を記載するようにしてください。

関連する法律 : 金融商品取引法

幅広い金融商品(株・FX・為替など)を対象に、投資家保護ルールの徹底と利便性の向上や、金融市場の透明化を促す目的で制定された法律です。

参考:行政や各種法律のリンク集│金融商品取引法

クレジットカード・キャッシング・カードローン

紹介する際に、借入を助長するような表示や、簡単に借入が可能であると誤認させるような表示をサイトに掲載することは「貸金業法」違反にあたります。また、過去の商品やサービス内容、旧会社情報など、古い情報をサイトに書かない、古い内容のバナーを残さないなど、常に最新情報を記載するようにしてください。

関連する法律 :貸金業法

貸金業の適正な運営と貸金需用者の利益の保護を目的として制定された法律です。これまで、何回かの改正を経て、借りすぎ貸しすぎの防止策(年収の3分の1を超える借り入れ原則禁止=総量規制)、指定信用情報機関で借り手の総借入金残高を確認する義務などが定められています。

参考:行政や各種法律のリンク集│貸金業法

法律違反は絶対にやめてください。

各法律の詳細については、「法律・ガイドライン」よりご確認ください。

  • 法律違反をすると、広告主との提携解除・指導・強制退会・報酬支払いの停止につながり、強制退会処理の対象となります。
  • 法的責任が問われ、損害賠償請求や刑事罰に処されるケースもあります。
絶対ダメ! アフィリエイトNG行為

重要絶対ダメ! アフィリエイトNG行為

知らないうちにNG行為をやってしまっていませんか? 自身のサイトを確認し、該当箇所があればすぐに対応をする必要があります。

アフィリエイトNG行為の例

  • 勝手に他サイトの画像を使用し、著作権の侵害をしている
  • 会社名・商品名(商標)を含むドメインでサイトをつくり、商標権の侵害をしている
  • 「公式」表記や、広告主サイトのスクリーンショット多用で、ユーザーが広告主の公式サイトだと勘違いしてしまうような宣伝方法をとっている
  • 実際より著しくいいもの・安いかのような書き方をし、誇大・虚偽の表現をしている
  • 広告主や代理店などからの依頼で、ステルスマーケティング(ステマ)をしている
  • 児童ポルノ、児童買春、自殺サイト、薬物の使用を促す内容など、公序良俗や法律に違反している
  • 禁止キーワードでリスティング広告をだしている

これらはほんの一部です。下記よりアフィリエイトNG行為を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

アフィリエイトNG行為は絶対にやめてください。

※これらはほんの一部です。下記よりアフィリエイトNG行為を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

※法的責任が問われ、損害賠償請求や刑事罰に処されるケースもあります。