アフィリエイトNG行為

知らないうちにNG行為をしていませんか? 以下ではNG例を紹介していますので、自身のサイトを確認し、該当箇所があればすぐに対応してください。

著作権の侵害

著作権制度の詳細については、下記監督省庁にてご確認ください。
詳細:著作権制度に関する情報

商標権の侵害

広告主の公式サイト・広告と誤認させる

誇大・虚偽の表現をしている

ステルスマーケティング(ステマ)

公序良俗や法律に違反

根拠となる情報の未提示

リスティング広告で禁止行為

アフィリエイトNG行為は絶対にやめてください。

  • アフィリエイトNG行為をすると、広告主との提携解除・指導・強制退会・報酬支払いの停止につながり、強制退会処理の対象となります。
  • 法的責任が問われ、損害賠償請求や刑事罰に処されるケースもあります。
広告掲載時の注意点・関連する法律

重要知っておこう!
広告掲載時の注意点・関連する法律

商品やサービスをサイトで紹介する場合には、さまざまな法律がかかわってきます。

アフィリエイト目的の記事で、法律違反?

  • 「世界一」「No.1 美顔器」とあるが根拠の記載がなく景品表示法違反
  • 一般化粧品の紹介記事で「○○(商品名)でシミが消えた!」と書き医薬品医療機器法違反
  • 「元本保証」「安全確実」という謳い文句でランディングページに遷移させ金融商品取引法違反

これらはほんの一部です。下記より広告掲載時の注意点・関連する法律を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

※法律違反をすると、広告主との提携解除や報酬取り消しにつながり、強制退会処理の対象となります。

※法的責任が問われ、損害賠償請求や刑事罰に処されるケースもあります。絶対にやらないでください。