リスティング広告利用時の注意点

バリューコマース アフィリエイトでは、リスティング広告の利用に際し、一定のルールを定めております。利用時には、ルールを確認のうえ守るようにしてください。

リスティング広告利用の前に

リスティング広告とは、検索エンジン(Googleなど)の検索結果ページに、検索キーワードと関連性の高いサイトを有料で上位表示できる広告です。サイト運営者が集客手法のひとつとして、利用することがあります。

リスティング広告の利用を考えている場合には、以下を確認しましょう。

紹介商材の広告主はリスティングOKか?

禁止行為をしたらどうなるの?

バリューコマース アフィリエイトでは、禁止行為を確認次第、注意喚起をしています。注意喚起後も不正行為を繰り返したり、出稿状況が悪質だと判断した場合は、広告主との提携解除・指導・報酬支払いの停止につながり、強制退会処理の対象となります。

リスティング広告利用OK

広告主ごとにリスティング広告の利用可否を管理画面上で確認することができます。

広告主ごとにリスティング広告の利用可否を管理画面上で確認することができます。

利用可否表示一覧

リスティング可 リスティング一部可 リスティング不可
NGワード以外は利用OK 一部のワードのみOK すべてNG

プログラム検索画面にて、リスティング広告利用OKの広告主を指定して、検索することもできます。

プログラム検索画面にて、リスティング広告利用OKの広告主を指定して、検索することもできます。

広告主ごとに定められたルール

広告主ごとに、NGワードや注意点などのルールが定められています。管理画面上「広告主詳細(プログラム詳細)」で確認のうえ、守るようにしてください。

広告主ごとに定められたルール

禁止行為

広告主ごとに、NGワードや注意点などのルールが定められています。管理画面上「広告主詳細(プログラム詳細)」で確認のうえ、守るようにしてください。

リスティング広告利用NGの広告主なのに利用する

絶対にやめてください。

NGワードで出稿する

NGワードは、原則「部分一致」で、「対象外キーワード」としてご登録ください。

NGワードの設定

Google広告ヘルプ

Yahoo!プロモ―ション広告ヘルプ

商標で出稿する

会社名・商品・サービス名など、商標を含むキーワードを使い、リスティング広告で集客することは禁止しています。商標権の侵害となる恐れがあります。

参考: 特許庁│商標制度の概要

虚偽表示をする

リスティング広告の表示とリンク先内容が異なるといった、ユーザーの誤解を招く行為は禁止しています。

虚偽表示をする

広告主の公式サイト・広告と誤認させる

広告主の公式サイト・広告であるかのように誤認識させる行為は禁止しています。

広告主の公式サイト・広告と誤認させる

古い情報、誤った情報を掲載する

広告テキスト・リンク先ページの商品価格や金利、キャンペーン実施期間などは公式サイトの最新情報とそろえる必要があります。虚偽内容とならないよう、細めな更新をこころがけてください。

古い情報、誤った情報を掲載する
絶対ダメ! アフィリエイトNG行為

重要絶対ダメ! アフィリエイトNG行為

知らないうちにNG行為をやってしまっていませんか? 自身のサイトを確認し、該当箇所があればすぐに対応をする必要があります。

アフィリエイトNG行為の例

  • 勝手に他サイトの画像を使用し、著作権の侵害をしている
  • 会社名・商品名(商標)を含むドメインでサイトをつくり、商標権の侵害をしている
  • 「公式」表記や、広告主サイトのスクリーンショット多用で、ユーザーが広告主の公式サイトだと勘違いしてしまうような宣伝方法をとっている
  • 実際より著しくいいもの・安いかのような書き方をし、誇大・虚偽の表現をしている
  • 広告主や代理店などからの依頼で、ステルスマーケティング(ステマ)をしている
  • 児童ポルノ、児童買春、自殺サイト、薬物の使用を促す内容など、公序良俗や法律に違反している
  • 禁止キーワードでリスティング広告をだしている

これらはほんの一部です。下記よりアフィリエイトNG行為を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

アフィリエイトNG行為は絶対にやめてください。

※これらはほんの一部です。下記よりアフィリエイトNG行為を必ずご確認のうえ、正しくアフィリエイト運営をしてください。

※法的責任が問われ、損害賠償請求や刑事罰に処されるケースもあります。