みなさまにご応募いただいたアフィリエイトに関するお悩みを、「ひつじ」さんによるサイト診断の結果とともにお届けします。今回は、100記事を書きあげたことでドメインが強くなってきているものの、コンバージョン率が低く、悩んでいる暇モアイさんからのご相談です。

「ひつじ」さんの診断結果

暇モアイさん、ご相談ありがとうございます! 「目標は月100,000円」「コンバージョン率を高めたい」とのことを念頭にサイトを拝見いたしました。成果報告を見たところ、いまはアフィリエイト収入が43,000円とのことでしたので、これを増やしていきたいところですよね。

ではどうするか、いくつか案がありますので参考にしていただければ幸いです。コンバージョン率(CVR)を上げるには? そもそもコンバージョンが発生するまでにユーザーが取る行動は以下の通りです。

  1. サイトにアクセスする
  2. 記事を読む
  3. 広告をクリックする
  4. コンバージョンする

それをもとに考えると、コンバージョン率を上げるためには次のことをすればいいだけなのですね。

  1. SEOで上位表示する
  2. 購買意欲の高いユーザーを捕まえる
  3. 読者の求めている情報をそろえる
  4. わかりやすく解説する
  5. 広告を最適な位置に配置する
  6. コンバージョンされやすい商品や、サービスを選ぶ

この中で暇モアイさんが不足している項目を探してみると、今回のお悩みは解決されると思います。個人的に文章はとてもわかりやすいと思ったので、SEO・ターゲット・広告配置といったことが課題なのではないかと思っています。

提案1 広告配置の最適化をする

おすすめなのが「広告配置の最適化」です。特にクロージング(まとめの部分)は、成約しやすい文章パートなのですが、暇モアイさんのサイトだと、ここに広告が貼っていない記事が多くもったいない印象です。

アフィリエイト広告のコンバージョンを狙うページはもちろん、そうでないサイト記事も、アドセンスを貼っておくだけでも売上が変わる場合があります。まずはアクセスのある記事からリライトして、広告を配置するのはいかがでしょうか。意外とコンバージョンが増える場合があります。

提案2 コンバージョンされやすいキーワードを狙う

あとはコンバージョンされやすいキーワード(ユーザーが商品購入や、サービス申込みアクションを起こす手前のキーワード)を狙って上位表示していくのがおすすめです。たとえば「HUAWEI P10 liteレビュー」で記事を書いていらっしゃいましたが、キーワード的にはSEOの競合が強めの印象です。

大手ガジェットメディアがいるので上位表示は難度が高めになってしまいますよね…。しかし上位表示が容易で、ユーザーのコンバージョンを狙えるキーワードはほかにもたくさんあります。たとえばですが、「HUAWEI P10 lite 防水」のようなキーワード。

ユーザーの検索意図としては「P10 lite は防水対応しているのか知りたい」と考えているはずです。つまり買う一歩手前なので、コンバージョンしてくれる可能性を含んでいます。ちなみにP10 liteは防水対応していないのですが、そのうえでコンバージョンをおすこともできますし、防水機種に訴求を促すことだってできます。こういったコンバージョンされやすく、対策次第で上位が狙えるキーワードを展開するとで、目標の月100,000円がさらに近づくと思います!

以上、簡単ではございましたがサイト診断の結果でした。

もし今回の診断でわからないことがあれば、僕のメルマガに相談いただければ対応しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。ありがとうございました!