アフィリエイトで収益を上げるためには、記事内に貼ってある広告をクリックしてもらうことで、商品購入へと誘導する必要があります。サイトやブログ記事内に広告を貼ったからといって必ずクリックしてもらえるとは限りません。ただベタベタと貼るだけでは逆効果になる可能性もあります。ここでは、クリックされやすいアフィリエイト広告の貼り方、コツを解説していきます。

目次

クリックされやすいアフィリエイト広告の選び方は?

アフィリエイト広告を貼っていく前に、広告(プログラム)選びも非常に重要です。自分のサイトやブログ記事でクリックされやすいアフィリエイト広告を選ぶためには、次のポイントをしっかりと押さえましょう。

サイトやブログ記事の内容に合った広告
アフィリエイト広告の収益を上げるためには、サイトやブログ記事の内容・テーマに合った広告を選ぶようにしましょう。例えば、恋愛や結婚がテーマのサイトであれば、結婚相談所や婚活パーティーのアフィリエイト広告を選ぶ、人気の職業や年収ランキングなどの記事であれば、転職サイトのアフィリエイト広告を選ぶと良いでしょう。もちろん、SEOを強化することで、そのサイトや記事のPV数をあげていくことも大切です。

知名度の高い広告主の広告
クリックされやすいアフィリエイト広告の選び方としては、広告主の知名度や人気度も重要なポイントになります。全く聞いたことがない商品やサービスの広告を貼るよりも、知名度の高い商品や人気のサービスの広告を貼った方が、クリックされやすい傾向があります。知名度の高い広告主の商品は、ユーザーから信頼されやすいということですね。ただし、知名度の高い有名な広告主のアフィリエイト広告は、クリックされやすいだけあって報酬単価は低めに設定される場合が多いため、報酬単価もチェックしながら、バランスよく選びましょう。

メディアで紹介された商品の広告
テレビや雑誌などのメディアで紹介された商品・サービス、SNSで話題になっている商品のアフィリエイト広告はクリックされやすい傾向があります。特に、メディアで紹介された瞬間や直後のタイミングはインターネットでの検索ボリュームが一気に上がるため、ユーザーの目に留まる機会が増え、収益増加が期待できます。普段からしっかりとSEOを強化し、商品名やサービス名、関連キーワードで上位に上げておくことも大切です。

アフィリエイト広告の貼り方、効果的な位置は?

自分のサイトやブログ記事の内容に合った広告、知名度の高い広告やメディアで紹介された商品などのアフィリエイト広告を選んだら、次は、自分のサイトやブログ記事で、どこに広告を貼るのか? を考えてみましょう。クリックされやすいアフィリエイト広告の貼り方としては、広告を貼る位置も重要になってきます。続いては、アフィリエイト広告の位置によってどんな効果が期待できるのかについて、ご説明します。

アフィリエイト広告はユーザーが知りたい答えの下に貼るのが最も効果的
記事を読むユーザーのなかでも、特に検索キーワードからサイトやブログ記事に訪れたユーザーの多くは、「知りたい答え」を持っています。例えば、「シャンプーのおすすめ人気ランキング10選」という記事の場合、あなたのサイトやブログ記事に訪れたユーザーが最も知りたい答えは「人気ランキング1位のシャンプーはどれなのか」ということでしょう。つまり、アフィリエイト広告の貼り方で最も効果的な位置は、「人気ランキング1位のシャンプーのすぐ下」ということになります。



ユーザーが知りたい答えを提供し、その詳細情報や人気の理由、おすすめポイントなどをまとめます。そのすぐ下にアフィリエイト広告を貼ることで、ユーザーをスムーズに誘導できるというわけです。

アフィリエイト広告のレイアウト「カラム」とは
アフィリエイト広告の貼り方として、どの位置に広告を貼るかを考える際、まずはアフィリエイト広告を貼る自分のサイトやブログ記事のレイアウトを決めていきましょう。

レイアウトは一般的に次の画像のとおり「1カラム」「2カラム」「3カラム」の3種類があります。1カラムとは画面の中央のみに記事を配置するレイアウト、2カラムとは、中央の記事(1カラム)+左側又は右側どちらか一方に、メニューやカテゴリー一覧などを配置するレイアウトです。3カラムとは、中央の記事(1カラム)+左右両方にメニューやカテゴリー、人気記事のランキングやトピックスを掲載するレイアウトです。PC版では2カラム又は3カラムのレイアウトが多く、スマホやタブレットでは1カラム又は2カラムのレイアウトが多い傾向があります。




アフィリエイト広告の位置、記事下に貼る効果
特に1カラムレイアウトにおいて、アフィリエイト広告は記事下に貼ると効果が高いと言われます。




「え! アフィリエイト広告ってできるだけ目立つ位置に貼った方がいいんじゃないの? 」と思われた方も少なくないでしょう。もちろん、ユーザーの目に留まりやすいという点において、それは正解です。ですが、それだけ記事の内容に対する興味関心が高いということです。

記事下(記事の最後)にアフィリエイト広告を貼ることで、サイトやブログ記事の内容そのものに興味を持ち、記事を最後まで読んでくれたユーザーの「もっと読みたい」「もっと情報が知りたい」という欲求をうまく活用することで広告クリックへと促す効果が期待できます。もちろん、すべてのユーザーが記事を最後まで読んでくれるとは限りませんが、最後まで読んでくれたユーザーは、それだけ記事の内容に対する興味関心が高いということ。そういったユーザーに対して広告を貼ることで、アフィリエイト広告がクリックされやすくなるのです。

アフィリエイト広告の位置、記事上に貼る効果
次に効果的なアフィリエイト広告の位置は記事上、つまり記事の冒頭部分です。記事のタイトル下やリード文の下、最初の見出しの上あたりまでの位置に広告を貼ると効果的と言われています。



その理由はいたってシンプルで、記事上は最も広告が目立つ位置だからです。ただし、あまりにも大きなサイズの広告を記事上に貼ることや、記事の内容と全く関係がない広告ばかりが毎回記事上に出てきてしまう場合は、その記事を読みたいというユーザーの意欲を半減させ、離脱につながってしまう可能性があるため注意しましょう。
記事で紹介する商品の広告や、記事の内容にぴったりと合った広告であれば、記事上に貼るのも効果的と言えるでしょう。

アフィリエイト広告の位置、サイドバーは効果なし? 
PCサイトにおいて2カラムや3カラムレイアウトを使用している場合、サイドバーは非常にユーザーの目に留まりやすく、ユーザーが思わずクリックしてしまうといった効果が期待できる位置と言えます。ただし、サイドバーにあまりにも広告を貼り過ぎると、ユーザーがクリックしたままサイトに戻ってこない…といった逆効果につながる可能性もあるため、記事の内容に合った商品やサービスの広告を選ぶことで、しっかりと購入に繋げるようにしましょう。

また、最近はPCではなくスマホからアクセスするユーザーが8割以上といったサイトやブログも少なくありませんよね。8割以上のユーザーがスマホからアクセスしているようなサイトの場合、サイドバーに貼るアフィリエイト広告は、効果が期待できない可能性もあります。その場合は貼っても貼らなくてもどちらでもよいでしょう。

アフィリエイト広告貼り方のコツは? バナー広告・テキストリンクを活用

最後に、クリックされやすいアフィリエイト広告貼り方のコツをご紹介します。クリックされやすい広告の貼り方のコツは、バナー広告とテキストリンクを上手に活用することです。

アフィリエイト広告貼り方のコツ(1)バナー広告
まずはバナー広告の貼り方です。Google社がバナー広告において、「高い成果が見込める広告サイズ」として推奨するバナーサイズは次のとおりです。
(参考:https://support.google.com/adsense/answer/6002621?hl=ja

・300×250 「レクタングル広告(中)」記事中や記事下に貼ると効果的
・336×280 「レクタングル広告(大)」記事中や記事下に貼ると効果的
・728×90  「ビッグバナー」記事上に貼ると効果的
・300×600 「ハーフページ」大きなサイズで視覚的なイメージ効果が高い
・320×100 「モバイルバナー(大)」記事中や記事下に貼ると効果的

アフィリエイト広告貼り方のコツ(2)テキストリンク
アフィリエイト広告において、バナー広告と合わせて使用するテキストリンクの貼り方はとても重要です。Google社もバナー広告(イメージ広告)と合わせてテキストリンクを使用することで高い成果が見込めると推奨しています。

いかにも広告…といったイメージのバナー広告に比べて、テキストリンクはユーザーに受け入れられやすい傾向があります。特に「記事内(文章中)にテキストリンクを埋め込む」「記事下にテキストリンクを貼る」「バナー広告とテキストリンクを組み合わせて使用する」という使い方が効果的です。

まとめ

今回ご紹介したクリックされやすいアフィリエイト広告貼り方のコツは大きく3つ、「広告主の選び方」「アフィリエイト広告の位置」「バナー広告・テキストリンクの活用」です。いかがでしたか? サイトやブログ記事内に広告を貼ったからといって必ずクリックしてもらえるとは限りません。今回ご紹介したアフィリエイト広告の貼り方を参考に、クリックされやすいアフィリエイト広告を貼って収益をあげてくださいね。