アフィリエイトとは、インターネットを利用した広告宣伝のひとつで成果報酬型の広告のことです。

ユーザーがWebサイトに掲載している広告主の商品やサービスを購入・申し込みをすると、広告主は広告を掲載したWebサイトに対し、売上の一部を報酬として還元します。

今回は、YouTube(ユーチューブ)を使ったアフィリエイトのやり方について解説します。

広告作成方法など詳しく調べたい方は、管理画面ガイド:『SNS掲載用アカウント』 広告作成方法をご確認ください。

目次

YouTubeで行うアフィリエイトとは?

YouTubeとは、世界中から投稿される動画コンテンツを無料で閲覧・投稿することができる動画共有サービスです。生活に役立つHowTo動画だけでなく、芸能人から一般人まで幅広いユーザーが、自身の個性をアピールしたエンターテインメントを提供できる人気のサービスです。

バリューコマース アフィリエイトでは、YouTubeを使って、2021年5月より、アフィリエイトが行えるようになりました。

文章で紹介していた商材の魅力を「動画」で表現できるようになり、写真とテキストでは伝えきれなかった繊細な表現を閲覧者に伝え、商品を訴求することができます。

YouTubeでアフィリエイトをはじめるには

では、YouTubeでのアフィリエイトは、どのように行うのでしょうか? ここでは、YouTubeアフィリエイトで稼いでいくために必要なことを解説していきます。

まず、YouTubeでバリューコマース アフィリエイトをはじめるには、アカウントの登録が必要です。

 

アカウント登録が完了したら、通常のアフィリエイト同様に、掲載したい広告主と提携します。提携が完了すれば、広告を掲載することができるようになります。

広告作成に関する詳しいやり方は、管理画面ガイド:『SNS掲載用アカウント』 広告作成方法の『SNS掲載用アカウント』の広告作成方法をご確認ください。

会員登録が完了し、広告掲載が行えるようになったら次は、Webアフィリエイトの運用同様に、コンテンツを作成していきます。作成したコンテンツは自身で公開設定を変更しない限り、残しておくことができます。

しかし、収益をあげるには、作成したコンテンツを再生してもらわないといけません。次の章では、「YouTubeで再生回数を伸ばすには」をお届けします。

YouTubeの再生回数を伸ばすには

それでは、YouTubeの再生回数を伸ばすために必要なことを解説します。YouTubeの再生回数を伸ばすには、時間と工数がかかりますが、以下のことを意識して取り組んでいきましょう。

まず、以下の5点を意識した運用を心がけます。

・ターゲットを明確にする
・魅力的なタイトルづくり
・概要欄には、適切なキーワードを入れる
・サムネイルを意識する
・ほかの動画への誘導を意識する

ターゲットを明確にする

Webサイトやブログの運用も同様ですが、まずターゲットを絞ります。ターゲットを絞ることで、自分のアカウントに色味が出るだけでなく、投稿を重ねていくうちに自分のアカウントの強みとなっていきます。

ターゲットを明確にするポイントは、「性別」「年齢」「職業(高校生・大学生・主婦・会社員など)」「取り組みたい商品・案件」などです。できるだけ細かく、絞ることが重要です。

魅力的なタイトルづくり

YouTubeを視聴するユーザーは、自分の見たい動画を瞬時に取捨選択します。その際、視覚的に入ってくるタイトルは、YouTubeの検索だけでなく、通常のSEOにも影響が出るほど重要です。最近ではGoogle検索でもYouTube動画が検索結果に表示されるようにもなりました。

視覚的に、どんなテーマの動画なのかわかるタイトルにすること、明確なキーワードがタイトルに入っていて、SEOでも表示されるようなタイトルにすることが重要です。

YouTubeは、Google傘下の企業でもあるため、YouTube内の検索結果も、同じレベルの精度で表示されていると考えられます。WebのSEO対策などを参考に、タイトルづくりをするといいでしょう。

関連記事:SEO対策を意識した記事の書き方_1.「記事タイトル(title)」を設定する

概要欄には、適切なキーワードを入れる

上で紹介したタイトルづくりと同様に、さらに動画のわかりやすさを高めるために、概要欄にも重要なキーワードを入れましょう。

概要欄は、冒頭100文字のみ表示され、それ以上のテキストは「もっと見る」ボタンを視聴者がクリックしない限り表示されません。

そのため、冒頭100文字に、概要を簡潔に盛り込み、興味を持ってもらえるような文章で投稿しましょう。概要欄をしっかり隅々まで読み込むユーザーは少ない傾向にもあるので、最初の100文字で、動画の概要(タイトルに入れ込められなかったキーワード)などを記載します。

100文字以降は、ユーザーが動画を見たあと、関連するほかの動画へ誘導するリンクや、アフィリエイトで紹介したい商品のリンクなどを掲載するように工夫します。

さらに、概要欄に関連動画や、動画内で紹介した商品をアフィリエイトで掲載する場合には、動画内で「関連動画は概要欄から」「動画内で紹介した商品は概要欄から購入できます」とアナウンスするといいでしょう。

サムネイルを意識する

YouTubeで最も重要といえる「サムネイル」についての解説です。タイトルや概要欄以上に重要なのが、このサムネイル。視覚的に視聴者が見たくなるようなサムネイルにする必要があります。

サムネイルで重要なのは、動画で紹介する中身を見せず、何をするか伝えることです。ありがちな失敗例としては、メイク動画のBefore/Afterを動画で紹介したいのに、Afterをサムネイルにあげてしまうことです。視聴者はサムネイルを見ただけで動画の結果がわかってしまう。という失敗例です。

この例を踏まえ、動画のサムネイルには、「何をしようとして」「どうなるのか」が視聴しないとわからない、見たくなってしまうという作りにする必要があります。

しかしその際、情報量にも注意が必要です。せっかく画像のサムネイルがセットできるのに、文字が多くて視覚的に楽しめなさそうなデザインや、サムネイルのほとんどがモザイク処理になっていて、何が何だかわからないなど、簡潔にわかりやすくきれいなサムネイルを作成することを意識していく必要があります。

ほかの動画への誘導を意識する

最後に、動画を見てもらったユーザーに対し、次も自分の作品を見てもらえるよう、関連動画への誘導を意識します。

YouTubeには誘導の機能も備わっており、再生リストを作成したり、動画の終了時に次の動画や、自身のWebサイトへの誘導などを行うことができます。

このように機能を活用して、関連するコンテンツなどに誘導をすることでファンを増やしていきましょう。YouTubeでチャンネル登録されると、動画を投稿するたびにチャンネル登録者の登録チャンネルに、最新動画の更新情報があがります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? YouTube アフィリエイトのやり方について、解説しました。

詳しい広告の貼り方については、管理画面ガイド:『SNS掲載用アカウント』 広告作成方法をご確認ください。

YouTubeでアフィリエイトをはじめる場合、ただ広告を貼り続けても、最初は収益につなげるのが難しいような印象を与えますが、とにかく本数を重ねる点、情報を集約し視聴者にとって有益な情報を提供するという点では、Webでのアフィリエイト運用と近いものがあるようです。地道に再生回数を増やし、収益を生み出せるYouTuberを目指してください。