アフィリエイトサイトの運営に、ツールの活用は必須と言ってもいいでしょう。アフィリエイトサイトの運営では、記事作成からサイト評価まで、やるべきことが山ほどあります。その際、さまざまなツールを活用することで、作業効率化や収益アップにつなげることができるのです。ここでは、アフィリエイターのみなさまにおすすめしたいアフィリエイトツールをご紹介します。

目次

アフィリエイトを始める際に利用したいツール

まずは、アフィリエイトサイトの作成やSEO対策に不可欠な記事作成や画像処理などについて、おすすめのツールをご紹介します。

サイト(ブログ)作成ツール

まずは自分のサイト(ブログ)を作成するためのツールをご紹介します。

(1)WordPress(外部リンク)

アフィリエイト記事を投稿しやすく、管理しやすいサイトやブログの作成におすすめのツールは『WordPress』です。SEO対策に必要な機能が入ったテーマ(テンプレート)を選び、さらにプラグインを追加することで、HTMLやCSSのコーディング知識がなくてもサイトを作成することができ、記事の投稿も簡単です。

SEOに強いと言われるWordPressのテーマには、有料版と無料版が存在します。無料版でもSEO対策が施されたテーマを選べば、有料テーマとそれほど変わらないクオリティでサイトの作成が可能です。

ただし、無料テーマの場合、Googleのアルゴリズム変動に対応してくれない場合があり注意が必要です。有料テーマの場合、Googleアルゴリズム変動に合わせてアップデートアップデートされているものが多く、アフィリエイトサイトの作成なら、デザインも豊富な有料テーマからSEOに強いテーマを選ぶのがおすすめです。

キーワード選定におすすめのツール

アフィリエイト記事を作成する際、「こんなキーワードがいいのでは?」と自分でキーワードを考えて記事を作ると、どうしても主観的な記事となってしまいがちです。多くの人が検索するキーワードは何なのか、SEO対策として有効なキーワードを客観的な視点で選定するためには、キーワード選定時にもツールを活用しましょう。

(2)Googleトレンド(外部リンク)

キーワード選定におすすめのツールとして、Googleが無料で提供する『Googleトレンド』があります。Googleトレンドでは、キーワードの検索ボリューム(ユーザーが検索した回数)を調査したり、急上昇中のキーワードを確認できます。

(3)Googleキーワードプランナー(外部リンク)

『Googleキーワードプランナー』とは、Googleが広告主向けに提供している無料ツールで、広告を出稿する際のキーワード候補や検索ボリューム、競合性などを、過去のデータに基づいて調査することが可能です。

アフィリエイトで売りたい商品やサービス名、またはその商品やサービスを検索するときにユーザーが使いそうなキーワードを入力することで、そのキーワードに関連するキーワードの検索ボリュームや競合性も調査できます。

(4)関連キーワード取得ツール(外部リンク)

『関連キーワード取得ツール』はGoogleサジェストや教えて!goo、Yahoo!知恵袋などから、関連キーワードを網羅的に取得してくれる無料ツールです。キーワード選定のヒントとして活用できるでしょう。

画像選定におすすめのツール

アフィリエイト記事のSEO対策として、画像選定も忘れてはいけません。記事内に画像を入れることで視覚的な情報をユーザーに伝えることができ、文章だけの説明よりもわかりやすくなることから、ユーザビリティーの向上やSEO対策としての効果が期待できます。

画像のクオリティやオリジナル性も表示順位に影響を及ぼす可能性がありますので、適当なフリー画像やアフィリエイト商品のバナーをベタベタと貼るのはNG。「記事の内容や文章に合った画像」「オリジナリティのある画像」「画質クオリティの高い画像」など、ポイントをおさえてしっかりと選定することが大切です。

(5)写真AC(外部リンク)

アフィリエイト記事に入れる画像選定では、豊富なフリー素材が無料で利用できる『写真AC』がおすすめです。個人、企業問わず商用利用も可能、クレジット表記やリンクも必要ありません。求める画像イメージをキーワード検索することで、必要なイメージに合った画像が表示され、そこから画像を選定できます。

(6)イラストAC(外部リンク)

アフィリエイト記事にイラストを入れる場合は、イラストやアートが無料でダウンロードできるフリー素材サイト『イラストAC』がおすすめです。イラストレーターで加工できるaiファイルやeps形式のファイルもダウンロードでき、こちらも商用利用や加工が可能です。

サイト(ブログ)評価・分析におすすめのツール

サイトやブログの評価や分析においてもツールを活用することで、自分のサイトを客観的な視点で見ることができ、サイト改善の方法が見えてきやすくなります。

サイト(ブログ)評価におすすめのツール

まずは自分のサイト(ブログ)の状態を確認するためのツールをご紹介します。

(7)Googleアナリティクス(外部リンク)

『Googleアナリティクス』とは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。Googleアナリティクスを活用することで、サイトにアクセスしているユーザーの数や属性、ユーザーを獲得している方法やユーザーによく読まれているページ、ユーザーが訪れる時間帯やアクティブユーザーの動向を確認できます。

サイト分析の基本とも言えるツールですので、しっかりと活用しましょう。

(8)Googleサーチコンソール(外部リンク)

『Googleサーチコンソール』とは、Googleが無料で提供しているSEO分析ツールです。Gooleサーチコンソールを活用することで、サイトの検索トラフィックや掲載順位を確認できます。また、掲載中の記事がGoogleに正しくインデックスされているかどうか(エラーがないか)なども確認できます。

サイト(ブログ)の分析、競合との比較におすすめのツール

自分のサイトを評価するだけでなく、ツールを活用して競合サイトとの比較をしながら、キーワードの選定や記事の内容を改善するのがおすすめです。

(9)Ahrefs(外部リンク)

『Ahrefs(エイチレフス)』とは、サイトの被リンク調査や競合サイトの分析に役立つ有料のSEO分析ツールです。Ahrefsを活用することで、トラフィックが多い検索キーワードや順位動向、被リンクの数などを調査できます。

自社サイトだけでなく競合サイトの状況についても詳細をモニタリングできる点がAhrefsの特徴です。SEOの分析結果について競合サイトとの比較、トラッキングも可能です。


アフィリエイト記事の外注におすすめのツール

アフィリエイトサイトやブログで大きな収益を生むには、記事(コンテンツ)の数も増やしていかなければいけません。また、定期的に記事を追加するなど、更新頻度を高めていくことも重要です。ですが、キーワードの選定から記事の作成、評価・分析まで、SEO対策をしっかりと行いながら記事作成を全て1人で行うのは至難の業です。

アフィリエイトサイトの運営を副業とされている方も多いため、なかなか時間が取れず、毎日更新なんてとてもじゃないけど無理…という方もいらっしゃると思います。収益化のコツがある程度つかめたら、アフィリエイト記事の作成は外注にすると、自分はキーワードの選定や評価・分析に集中できます。

(10)クラウドワークス(外部リンク)

『クラウドワークス』とは、在宅ワーカーなどのクラウドワーカーと仕事を発注したい依頼者とをオンライン上でマッチングさせ、契約から業務の進捗、支払いまでを一括で管理してくれるサービスのことです。1記事〇〇〇文字〇〇〇〇円…という形で、1記事単位での発注が可能です。

(11)ランサーズ(外部リンク)

『ランサーズ』とは、クラウドワークスと同じくクラウドワーカーと発注者がオンライン上で仕事の契約をすることができるサービスです。こちらも、1記事からの発注が可能で、書くのが早いライターさんが見つかれば、即日納品可能な場合もあります。

まとめ

今回ご紹介した本当におすすめのアフィリエイトツール11選、いかがでしたか? 数あるアフィリエイトツールのなかでも特におすすめのツールを厳選してご紹介しましたので、ぜひ活用してみてください。

ただし、ツールを使えば誰でもアフィリエイトで稼げるようになるかというと、そうではありません。ツールはあくまでも作業効率化や、客観的にサイトを評価・分析するためのものです。ツールを上手に使いこなしながら、アフィリエイトサイト(ブログ)の収益アップを目指してくださいね。