かん吉さんに執筆いただいた「文章は分割し小見出しを入れる」ついて、お届けします。ブログ記事には、小見出しを積極的に入れましょう。読者は、ネット上のコンテンツをざっと眺めて読んでいます。文章を細かく読んでいません。小見出しがあると、読者が文章を理解しやすくなります。

目次

最強の文章術は「分割」

わかりやすい文章を書くためには、言い回しや言葉の選び方よりも、文章の構造が大切です。まとめて一度に伝えるのではなく、小さなテーマに分割すると、読みやすくなります。文章が論理的になるからです。たとえば、休日に釣りに行ったことを、ブログに書くとします。休日の様子を時間順に書いていくと、ただの日記になってしまいます。読者のためになる記事を書きたいのであれば「釣り」を以下のように分割してみましょう。

・タックル(竿&リール)
・仕掛け
・ポイント
・結果

気になることを書き出しておく

書きたいことが漠然としているならば、気になることをすべてメモに書き出してみましょう。

メモを元に、似た者同士は同じグループにまとめたり、もっと分割できるものは、詳しい内容を加えたりすると、小見出しのリストができあがってきます。

頭の中だけで考えるとまとまりにくいです。言葉にして書くことで、頭の中を整理できます。しばらく時間がたったあとで読みなおしてみると、新しいインスピレーションが生まれることがあります。

小見出しの候補が、記事タイトルの案になることもあります。何かひらめいたらメモしておきましょう。ブログのネタ帳になります。

無理やりでも小見出しは入れる

文章は分割するほどわかりやすくなります。1つの記事につき、小見出しは3つ以上入れるようにしてください。3つ未満だと、コンテンツの量だけでなく質的に不足している場合が多いです。

小見出しをひねり出すことで、記事の内容がレベルアップしていきます。無理やりにでも小見出しを増やした方が、面白い文章になります。

小見出しの作成にはロジカルシンキングが役立つ!

ロジカルシンキングとは、物事を筋道立てて体系的に考える技術です。相手にわかりやすく説明できます。「MECE(ミッシー)」と「ピラミッド構造」が基本です。

MECE(ミッシー)とは、「モレなくダブリなく」の意味です。ピラミッド構造は、複雑なものを小さなものに何段も分割する手法で、ロジックツリーと呼ばれています。今回紹介した文章の分割は、ロジカルシンキングと同じことです。

ロジカルシンキングは難しい話ではなく、誰でも日頃から利用している思考法です。わかりやすいブログ記事を書くときに役立ちます。

出典:「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座|菅家伸」

まとめ

「思考=書くこと」と言われています。ブログと思考は密接な関係にあります。ブログを執筆することで、思考力も鍛えられます。

プロフィール 菅家 伸(かん吉)

デジタルハリウッドSTUDIO静岡講師。日本アフィリエイト協議会理事。

「わかったブログ」(外部リンク)「カエレバ」(外部リンク)を運営。趣味のマラソンはベスト3:01’04。著書の「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」は、重版が続いている。